男の人

一日一回で歴然の効果|薄毛治療薬のプロペシアの副作用

最適な商品を継続利用

男の人

医薬品であることが多い発毛剤は、育毛剤よりも積極的な薄毛対策となります。なお、育毛剤との併用は避けたほうがいいという注意書きがある商品もあるため、最適な商品を1つ選択し、それを継続して利用することが重要です。より高い効果を求める方は、内服タイプの発毛剤も検討してみてください。

詳細を読む

薄毛にきくサプリメント

サプリメント

育毛サプリメントを摂取するときには育毛シャンプーや育毛剤の併用、マッサージをしたり生活習慣を改善することをおすすめします。また有効成分としてはノコギリヤシやアルギニン、亜鉛やカプサイシンなどの成分が挙げられます。

詳細を読む

髪の毛を植えられる

髪の毛

かつらをかぶると蒸れてしまうのでケアも大変です。こういう時は大阪の植毛サービスを利用して髪の毛を生やすといいでしょう。しかし大阪には多くのクリニックがあるので比較サイトを利用すると良いです。費用から採用術式も比較できます。

詳細を読む

用量・用法を守ること

困る男性

男性機能低下の噂

日本におけるAGAの治療法として最も馴染みがあるのが、プロペシアを用いた薬物療法です。しかし、インターネット上では、プロペシアには男性機能の低下、いわゆるEDなどの副作用があるという噂も確認できます。果たして、この噂は本当なのかという部分に迫ってみようと思います。この点、アメリカで行われた臨床試験の中に、興味深いデータがありましたので、ご紹介します。この臨床試験は、偽薬を投与したグループと、本物のプロペシアを投与したグループに分け、副作用を訴える人の割合を比較する方法で行われました。臨床試験の結果、男性機能の低下を訴えた方の割合は、偽薬を飲んだ方で0.7%、本物のプロペシアを飲んだ方で1.3%という数値が確認されました。したがって、それほど気にすることなく服用を続け、万一異常があった場合には、医師にしっかりと相談するという姿勢がちょうど良いでしょう。

専門クリニックを活用

なお、プロペシアの副作用がどうしても気になるという方は、AGAを専門としたクリニックを訪問してみると良いでしょう。これらの施設では、血液検査や遺伝子検査が、事前あるいは定期的に実施され、薬が体質に合っているかどうか、そして本当に必要なのかどうかをしっかりチェックしてくれます。つまりは、検査の結果、副作用の可能性があると判断されれば、薬の服用は行われず、別の治療法を検討してもらえます。また、プロペシアの副作用を防ぐためには、医薬品に関する基本的な知識を持っておかなければなりません。また、医薬品のコマーシャルで紹介される「ご使用は用量と用法をお守りください」という決まり文句を意識しましょう。これは、プロペシアに限らず、家庭内にある風邪薬や胃薬、鎮痛剤などあらゆる医薬品を用いるうえで守らなければならないルールです。プロペシアの場合は、さまざまな臨床試験や利用者の声から、副作用と効果のバランスで、1日1錠がベストと判断されてきた経緯があります。しっかりとルールを守りましょう。一日一回で歴然の効果を実感できます。