男性

一日一回で歴然の効果|薄毛治療薬のプロペシアの副作用

最適な商品を継続利用

男の人

育毛剤との違い

育毛剤が今ある毛髪を成長させる機能を持つのに対して、発毛剤は毛母細胞に働きかけ、脱毛後に新しく発毛させることを目的とした商品です。このように、発毛剤の方が薄毛対策としてより積極的であるため、強い成分が使用されていることが多くなります。したがって、育毛剤は医薬部外品であることが多いのに対し、発毛剤は医薬品として販売されていることが多い特徴があります。なお、育毛剤には、抜け毛を防ぐ有効成分が配合され、発毛剤には血行促進成分などが配合されていることが多くなります。薄毛対策としては、抜け毛を防ぐとともに発毛を促すことが、ベストな方法として認知されています。そこで、育毛剤と発毛剤を併用すればよいという考え方も可能ですが、併用を避けるように注意書きする商品も見られます。したがって、原則として、目的やご自身の体質に最適な発毛剤を選び、これを継続的して活用することが望ましくなります。

内服タイプも

薄毛対策には食生活の改善が重要と言われるように、体の内側から発毛を促すことも、非常に重要なポイントとなります。したがって、薄毛対策に本気で取り組みたいという方は、外用タイプの発毛剤だけでなく、飲む発毛剤にも注目すると良いでしょう。注意点としては、外用タイプは薬剤師の説明を受けたうえで、薬局やドラッグストアでも購入することが可能ですが、内服タイプは医療機関の処方が必要となる点が挙げられます。その理由は、外用タイプに比べると、内服タイプの方が体内でしっかりと吸収され、しっかりと作用するからです。このように、発毛剤にも外用タイプと内服タイプの区別があります。外用タイプは、副作用が少ないメリットがあり、内服タイプは、より高い発毛効果を得やすいメリットがあります。